交通事故やむちうち治療は、天白区のかわい接骨院へ。数少ない交通事故・むちうちの専門治療を行う接骨院です。

病院との違い

  • HOME »
  • 病院との違い

接骨院と病院はどう違うの?

交通事故に遭われた方の多くはまず病院で診てもらうと思います。交通事故のケガは接骨院でも病院でも両方で受けられることはご存知でしょうか?接骨院と病院の違いや、接骨院と病院のメリット、デメリットをお伝えしてきます。

病院の役割

病院では医師の診断の下、レントゲンやMRIの検査を受けることができます。

画像を撮ることで異常が見つかることもありますのでしっかりとした検査が必要になってきます。

また痛みに応じて注射や薬など処方します。

つまり、異常を発見することができ、一時的に痛みを和らげる役割をしてくれます。

接骨院の役割

Exif_JPEG_PICTURE

接骨院とは柔道整復師という国家資格を取得した者が施術する場所です。

骨折、脱臼、捻挫、打撲を専門とする治療家で電気治療や手技治療を併用してにリハビリやストレッチを行っていきます。

他にも損傷部位に対して固定を行ったりします。

このようにリハビリやマッサージをすることで体を治りやすい状態にしてあげることが役割となってきます。

病院のメリット

先ほどお伝えしました

・レントゲンやMRIの画像診断・検査

・注射や薬などの処方

などすることができます。

デメリット

・待ち時間が長い

・診察時間が早く終わってしまう

・電気治療だけや器械よるリハビリ

がよく目立ちます。

接骨院のメリット

・待ち時間は短い

・遅くまで施術しているので通いやすい

・電気治療を併用し手技によるリハビリを行う

などすることができます

デメリット

・レントゲンやMRIの画像診断がない

・注射や薬が処方できない

があります

病院と連携しています

かわい接骨院では同じ天白区にある「はせがわ整形外科・形成外科」様と連携しておりますので、患者様にとってより良い治療方法を提供することが可能です。

病院のいいところ、接骨院のいいところを組み合わせて最短で痛みを和らげていきます。

両方を通院することが可能ですので定期的に病院にて検査をしながら接骨院にて治療することをおススメします。

病院を選ぶにあたって最大のポイントをご紹介します。

詳しくはこちらをクリック⇒「交通事故治療の病院の選び方」

むちうちになったらどうしたらいいの?

むちうちとは首のねんざ、挫傷といいまして首の筋肉や靭帯、軟骨の損傷の一つです。

病院でレントゲンを撮ってむちうちと言われたが湿布と薬だけで終わってしまった...。ということも多くあります。

レントゲンは骨しか写すことができません。

レントゲンだけでは見えない損傷が体の中で起こっています。

むちうちは筋肉や靭帯の損傷のため、より詳しく調べられるMRIが必要です。

次に湿布と薬だけで終わってしまっては根本的な痛みは治りにくくなってしまいます。

やはりしっかりとしたリハビリが大切になってきます。

接骨院では電気治療や手技治療、ストレッチを組み合わせて一人一人に合った治療方法を考えていきます。

根本的な痛みを取り除くことができるので痛みが残ることはありません。

しっかりとした治療が大事になってきます。

わからないことがあればお気軽にご相談下さい。

 

むちうちとレントゲンのについて詳しく書いてありますのでこちらをクリック

「むちうちとレントゲン検査」

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 052-806-7556 月~土 午前8時30分~12時 午後4時~8時
※土曜日午後は予約制 日曜日・祝日お休み

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ

かわい接骨院ブログ

  • facebook