追突されて首を痛めてしまったけど、仕事が忙しくてなかなか通院できなかったり、治療しないでそのままでいるとだんだん悪化してきて、結果後遺症として痛みが残ったり、2~3年後にかけて頭痛や肩こりの発症の原因になってきます。

このような痛みや症状を残さないためにも早期治療が必要になってきます。

むちうち治療の初期(1か月目)

交通事故に遭って2~3日くらいたつと、むちうちの痛みや症状が出てきます。

初期の段階では、まず安静に保ちことが優先されます。

かわい接骨院では独自の固定方法を行い安静を保ちます。また微弱電流治療器を使い刺激の少ない電気治療で治癒力を高めていきます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

そして患部を動かさないように患部周辺の筋肉をゆるめていきます。

初期の治療は約2~3週にかけて行います。

むちうち治療の中期(2か月目)

交通事故後1か月後ぐらい経った中期からは、マッサージやストレッチを取り入れていきます。筋肉が緊張し、堅くなっているので専門的手技でゆるめていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

むちうち治療の回復期(3か月目)

2か月経つと、安静にしていた間に筋力が衰えているためもとに戻すための運動療法・リハビリを中心に行っていきます。

また、体全体のゆがみや背中全体の筋肉も一緒にほぐしていきます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

このように段階的に治療を変えていき痛みを取り除いていきます。

3か月間しっかり治療することでのちの後遺症を防ぐことにも繋がってきます。

途中であきらめずにきっちり治しましょう。

また、かわい接骨院ではより良い環境で通院していただけるよう努めております。

詳しくはこちらをご覧ください。⇒「交通事故患者様に向けて通院しやすい環境づくり」

次はむちうちはなぜ長引くの?についてお話していきます。

 

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー