Exif_JPEG_PICTURE

 

なぜむちうちの痛みは長引いてしまうのか?

理由として3つ挙げられます。

1、関節・靭帯・筋肉の損傷

不意の交通事故ではカラダに大きな衝撃を受けます。その衝撃によって関節、靭帯、筋肉を傷つけてしまいます。

傷ついた関節や靭帯、筋肉は修復に時間がかかります、また生活動作により治りが悪くなってしまい長引く原因の一つです。

2、むちうちはレントゲンに写らないから

むちうちは骨の損傷ではないためレントゲンで異常はみつかりません。

レントゲンに異常がない=カラダは大丈夫

ではありません。

必ずMRIなどの精密検査も同時に行ってください。

レントゲンだけではわからないこともあります。

また、そのまま放置していしまうと長引く原因になります。

詳しくはこちら「交通事故・むちうちはなぜレントゲンに写らないの?」

3、神経などの影響

交通事故・むちうちの衝撃で神経を刺激することがあります、その刺激によってバレ・リュー症候群を発症し頭痛やめまい、耳鳴り、シビレの原因になってきます。

神経を刺激してしまうことによって症状は不安定になり長引きやすくなります。また天気の変化に影響されることもあります。

神経症状が出てしまうと落ち着くまでに約2~3ヵ月はかかると言われております。

神経症状が強く出た場合は耳鼻科や整形外科へご紹介致します。病院との併用も可能ですので薬や点滴で早く落ち着かせることができますのでご相談下さい。

少しでも「長引かせない」「後遺症を残さない」ようにしっかりと専念して治療を行っていきましょう。

 

 

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー