損害賠償と保険制度で被害者の損害を守ります

交通事故が起きたときに最も重要となるのは、被害者の損害保障をどのように守るかが大切になってきます。

被害者が受けた損害を直接カバーするのは加害者による損害賠償と保険制度です。

損害賠償と保険制度

損害賠償

民法で定められており人身事故及び物損事故の両方が民法上の不法行為に当たるの可能性が高いとされますので、まず民法による事故の解決を検討することになります。(民法709~724条で不法行為責任について定められています。)

保険制度

自動車損害賠償保障法(自賠法)で定められている、自動車の所有者であれば必ず加入しなければならない自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)による保険制度です。

いずれにしても、発生した損害を金銭で賠償して被害者を保護しようという趣旨に基づいています。

 

人身事故が起きた場合は自賠法が民法に優先して適用されます。※物損事故の場合は自賠法の適用にはなりません。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

 

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー