道路交通法上の義務に反すると罰金が科せられます

交通事故が起きた場合に当事者がすべきことがあります。

①2次災害防止のための処置

②警察への事故報告

③被害者、加害者の連絡先の確認

④任意保険に加入していれば保険会社に報告

慌てず順番に行うようにしてください。

ここで知っておきたいのは①、②の義務です。

緊急措置義務と事故報告義務

緊急措置義務

事故現場で被害者を救護し被害の拡大を防がなければならない義務です。

当事者はすぐに車を止めて、負傷者の救護しなければいけません。負傷者へ対する救護活動、119番通報、病院への搬送、また事故現場での2次災害が発生内容に後続車への誘導することが必要です。

緊急措置義務を怠った場合

・10年以下の懲役または100万円以下の罰金(人身事故の場合)

・1年以下の懲役または10万円以下の罰金(物損事故の場合)

事故報告義務

交通事故が発生した日時・場所・被害の内容・程度・現場でどのように措置をとったかを警察官に報告する義務です。

事故報告義務を怠った場合

・3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金に科せられます。

 

事故直後は動揺してしまいますが、落ち着いて行うようにしてください。

軽度の事故だからといってその場で解決することはしないでください。必ず警察に届けましょう。

また当事者でなくても、事故現場を発見したら、負傷者の救護や警察、救急車の連絡をするなどと積極的に手を貸してあげましょう。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー