保険金の請求には「交通事故証明書」が必要です

自動車保険には強制保険と任意保険があります。

強制保険は自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)ともいい、加入していない車は公道を走ることができません。

ただ強制保険は被害者保護のための最低限の補償しかありませんので、まかなえない部分は任意保険で補償されます。

強制保険・任意保険どちらで請求されるにあたっても「交通事故証明書」と「事故発生状況報告書」などの書類が必要になってきます。

交通事故証明書は事故が、いつ、どこで、どのようにして起きたかが書かれた書類になります。これは自動車安全運転センターでもらうことができます。

事故発生状況報告書は保険会社でもらうことができます。

任意保険に加入している場合

保険契約者または被保険者は事故発生を知った後すみやかに、事故発生の日時、場所、事故の概要を保険会社に報告しなければならない。通知を怠ると保険金が支払われない場合がありますのでご注意ください。

人身事故の場合事故発生日の翌日から60日以内に通知がなければ保険金を受け取ることができなくなります。

損害賠償に必要な書類

①交通事故証明書

自動車安全運転センターでもらう。

②診断書と診療報酬明細書

どちらもかかった病院にて受け取ることができます。診断書は傷害の内容を記載した書面。診療報酬明細書は治療内容の明細で、入院日数、通院日数、湿布や薬の処方、治療費や入院費が詳細に書いてあります。

③領収書

病院にかかった領収書や交通機関で利用した領収書などすべての領収書は取っておくとよい。

④被害者の収入の証明書

勤務先の給与証明書か源泉徴収票など。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー