3つの基準を用いて損害賠償額を算定します

①自賠責保険基準②任意保険基準③弁護士会基準の3つの基準があります。

被害者はこれらの基準を参考にして加害者に損害賠償を請求することになります。

①自賠責保険基準とは

人身事故について自賠責保険の損害額を算定する際に、損害保険料率算出機構が使用する基準です。

支払限度額があり、傷害事故は120万まで、後遺障害は等級に応じて最大3000万(介護を要する傷害の場合は4000万)

死亡事故については3000万がそれぞれの限度額になります。

②任意保険基準

任意保険での損害額算定基準となります。各保険会社が個別の支払い基準を作成しております。

決まりがないため金額があいまい。低い金額の提示となる場合がありますので注意が必要です。

③弁護士会基準

損害額の定型化、定額化を図った基準が弁護士会基準です。日弁交通事故相談センターによる交通事故損害額算定基準がよく使われております。

弁護士が代理人となって交渉するので、3つの中でもっとも金額的に有利とされます。

※注意事項

①自賠責保険基準②任意保険基準の場合、被害者の方が算定に対して主張しないと、低い金額で示談が成立する可能性がありますので内容をしっかり確認すること。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー