ケガの治療費のほかさまざまな費用が積極損害として認められています

交通事故での被害者が加害者に対して請求できるものが大きく4つあります。

①治療費

②休業補償、逸失利益

③慰謝料

④弁護士報酬

傷害事故の積極損害として認められるもの費用を詳しくお伝えしていきます。

a、救護費・・・事故発生直後にかかる費用、応急処置費用、救急搬送費

b、治療費・・・診察料、検査料、入院通院費、症状固定とされるまでの治療費

c、入院(特別)室料・・・病院の通常の平均的な室料を基準に算出、特別室などの特別室料も請求可能

d、入院雑費・・・日用雑貨費、通信費、新聞代、テレビ代、家族の通院交通費、1日につき1400~1600円(自賠責基準1100円)

e、付添看護料・・・看護師を雇った場合は実費を請求、親族が付き添った場合は1日につき5500~7000円(自賠責基準4100円)

f、通院交通費・・・電車、バス、タクシー代などの交通費請求可能

g、通院付添費・・・1人で通院が困難な場合付き添いを頼んだとき1日につき3000~4000円(自賠責基準2050円)

h、温泉療養費・・・治療のため医師の指示で温泉療養を行った場合請求可能

i、マッサージなどの費用・・・医師の指示があれば、マッサージや鍼灸などの施療費についても請求可能

j、義肢などの費用・・・義足や義歯、車いすなどの費用も請求可能

このほかにも子供を保育園に預けたりした際の委託費、文書料(医師の診断書、交通事故証明書、印鑑証明)、破損した衣服なども請求することが可能です。

詳しくは担当の保険会社に確認してみてください。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー