自賠責保険は基本的に人身事故のみ適応されます

原則として自賠責保険を使うためには、警察に人身事故として届け出る必要があります。その後、人身事故と処理され「交通事故証明書」が発行され相手方の保険会社に提出します。

しかし例外に交通事故が発生し、物損事故で処理したものの、後日身体に痛みが出てきてしまったときに「人身事故証明書入手不能理由書」を自賠責側に提出することで、自賠責保険が使えることができます。

人身事故と物損事故では処罰が変わってきます、人身事故は刑事罰、行政処分、民事罰の責任があります、物損事故では民事上の罰しかありません。免停や罰金を免れてしまいますので大変不公平になってきます。

人身事故証明書入手不能理由書を書けば認められるわけではありません。よほどの限り使うことはできないと思われます。

物損事故であっても自賠責保険の適応となりますので、慰謝料のほか休業補償や交通費の補償してもらえます。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー