専業主婦や無職者も休業損害をもらうことが可能です

仕事をしている方で、交通事故によって働くことができなくなったために失った収入の額を損害額として加害者に損害賠償請求ができます。

専業主婦の方

専業主婦の方が交通事故に遭った場合、専業主婦は仕事をしていないため収入を基準として損害額を算定することはできません。

しかし、専業主婦の家事労働も社会の中で金銭的に評価することは可能です。

専業主婦が交通事故に遭った場合でも家事ができなくなったことを理由として加害者に対して損害賠償請求ができます。

自賠責保険による主婦休損額は通院日数×5,700となります。

ただ、自賠責保険の120万円を超えた場合は、任意保険の計算となり、主婦休損については、一般的に減額されます。

無職者の方

交通事故に遭った時点で無職であったものについても、労働能力や労働意欲があれば、原則として働けなかったことで失ってしまった収入分の損害賠償請求額が認められます。

被害者が無職者の場合、一般人の平均賃金を基準に損害額を算定します。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー