入院・通院の期間によって損害額を算定するのが一般的です

交通事故の被害者は、事故によるケガの治療費や仕事を休むことによって生じる休業補償のほか、入院・通院についての精神的苦痛に対する慰謝料も、損害賠償として加害者に請求することができます。

ただ精神的苦痛に対して慰謝料がいくらになるかは簡単に通知化できるものではありません。

請求自体は個々によって自由に行うことができるのですが、ある程度算定が定まっていなければ、双方が受けられる額を決定するのにかなりの時間がかかります。

そこで日弁連交通事故相談センターでは交通事故による損害賠償額が算定基準を定めています。

例えば、入院半年間、通院半年間かかった場合、日弁連交通事故相談センターの基準を参考にすると、約180万円~340万円分の損害賠償額を慰謝料として請求することができます。

長期間に及んだ場合は弁護士の先生をとして慰謝料を請求することをおススメしております。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー