損害賠償額は労働能力喪失率と喪失期間で決まります

交通事故で一命をとりとめたとしても後遺症が残ってしまうこともあります。

後遺症とは、傷害を受けた結果、傷の治療が終わっても障害が残るものをいいます。

代表的なものはむち打ち症です、そのほかに失明したり、手や指、足などを切断する場合があります。このように後遺症が残ると今後の人生設計・社会生活に大きな支障をきたします。

後遺症によって生じる損害については、交通事故によって被った傷害についての損害とは別に、加害者へ請求することが可能です。

後遺症があるとき、また後遺症が出そうなときは後遺障害等級の認定が出るまでは示談交渉には入らない方が良いでしょう。

傷害についての賠償とは別に請求することができます。

人身事故でカラダに受けた損害は、症状が固定するまでの傷害と症状が固定してこれ以上治療を続けても症状の改善が望めない状態である後遺症に分けられます。

後遺症に対する損害には、積極損害、後遺障害逸失利益、慰謝料があります。

症状固定となった場合はその後の治療費は出ません。

重度の後遺症が残ってしまい今後も治療を行っていかないと症状が悪化する場合は症状固定後の治療費が積極損害として認められています。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー