医師の診断書が必要になってきます

認定の手続き

医師の診断を受けて後遺障害診断書を作成してもらいます。

その後、加害者の保険会社に後遺障害診断書を提出して等級の認定を請求し、そこから損害保険料率算出機構の調査事務所回され、「後遺障害別等級表」に照らして等級に認定が行われます。

加害者が任意保険会社に加入している場合は保険会社が手続きを行いますが、加入していない場合や任意保険会社が請求に応じない場合は、被害者自身が自賠責保険会社に対して手続きを行います、

後遺障害診断書をもらうときの注意点

ほとんどの場合、提出された後遺障害診断書による書面審査だけで行われます。

ですから、医師の診断書を受ける時には、自分の症状を正確に伝えることが大切です。また資料としてレントゲン写真や経過の診断書を参考基準にもなります。

なお、後遺障害の認定が下りてからまた新たに後遺症の症状が出てきたとしても治療費を請求することは難しくなってきます。

そのため、後遺障害診断書をもらう際には症状や痛みをしっかりと医者に伝えて記載してもらうことが必要です。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

 

 

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー