こんにちは(^-^)

11月20日(木曜日)

本日は交通安全ゼロの日です。

あいにくの曇り空で寒く感じます。

今日は1歳になる娘が風邪を引き保育園をお休みしまして接骨院の隣にある託児ルームにて遊んでいます。

まだ元気があるので良かったです。

今日は交通事故に遭ってから数日後に症状が出てくるお話をしていきます。

なぜ、数日してから症状が出てくるの?

大きい事故ですと頭や体を打ったりして骨折や打撲といった強い痛みが発生します。

即座に救急車を呼んで総合病院でみてもらう必要があります。

総合病院ではレントゲン、CT、MRIなど精密機器がそろっていますし、細かい損傷まで調べて下さるので安心ですね。

気をつけなければいけないのは、小さな事故で自分は大丈夫と思ったときに数日してから徐々に痛みが発生してくる恐れがあります。

事故当時は動揺と興奮でアドレナリンが出て、痛みの感覚が鈍くなります。

数日して落ち着いてくると痛みや症状が出てくることがほとんどです。

交通事故でよく耳にするのは「むちうち」です。むちうちも数日してから首の痛みや肩のだるさと言った症状が出てきます。

他にも腰や腕、背中と言ったところにも出てきます。

むちうちとは?

交通事故の現場では追突や衝突により、首がムチのようにしなった状態のことを「むちうち」といいます。

正式名称は頸部捻挫や頸部挫傷ともいいます。

むちうちの詳しい内容をこちら⇒「むちうちってなに?分類や症状について」

 

むちうちは目に見えないから怖い

むちうちは首や腰に発生することが多いのですが、レントゲンを撮っても特に異常は見られません。

なぜなら、むちうちは骨の周りを取り巻く筋肉、靭帯、軟骨を痛めたものなので画像には写りません。

詳しい内容はこちら⇒「むちうちはレントゲンに写らない」

 

あなたは大丈夫ですか?

・事故直後は何ともなかったけど、後々つらくなってきた。

・めまい、首の痛み、頭痛、吐き気、全身がだるいなど、様々な症状に悩ませれている。

・事故後よく眠れない

・事故の痛みをどこで治療したらいいのかわからない

このような症状を放置してしまうと後々深刻な後遺症が残ってしまう可能性があります。

事故直後は痛みをあまり感じないし、軽い怪我だから大丈夫だと思っても油断していると、徐々に痛みやしびれなどの症状が出てくることがあります。

少しでも症状があれば早めに、適切な医療機関で適切な治療を受けることで後遺症を防ぐことができます。

後遺症が残らないように、早期の治療と症状が完治するまで治療されることをおススメします。

 

かわい接骨院では交通事故・むちうち治療を専門としています。

お身体のケガや症状でお困りの方は是非かわい接骨院までお越しください。

交通事故での法律や示談交渉についても詳しくご説明させていただきます。

また弁護士先生との提携もしておりますのでご安心下さい。

かわい接骨院

名古屋市天白区土原4-834-1 052-806-7556

天白区 かわい接骨院へのお問い合わせバナー